note

アクセスカウンタ

zoom RSS 繭蔵と412

<<   作成日時 : 2016/12/06 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 リトルクリスマス版画展、東京の会場の中から対照的なふたつの画廊をご紹介。
 一つ目は青梅、繭蔵。ここは古い蔵を改築したレストランで、二階が広いギャラリーです。リトルクリスマスの全国の会場の中でもトップクラスに広いと思います。搬入をしてきました。
画像

 東京とは言え青梅。あまり新しい建物もなく、落ち着いた雰囲気が魅力。会場にはリトルクリスマス版画展以外の、井上さんや齋藤の平面作品、宮嶋さんや山口さんの立体作品も同時展示しています。お食事とともにごゆっくりどうぞ。
 二つ目は表参道のギャラリー412。打って変わって賑やかな街。なかんずくこの時期はイルミネーションが別世界のように輝きます。オープニングパーティーに行き、作家やお客さんとお話し。子連れの作家も。リトルクリスマスは子供もOK。
画像

 何でもある街。かくいう自分もパーティーの前に革鞄の金具の修理をしてもらってから画廊に行きました。こちらの方がついでに行く用はあるかもしれません。

青梅 繭蔵は、12/11(日)まで http://www.mayugura.com
表参道 ギャラリー412は、12/22(木)まで http://www.galerie412.com

 お好みの方へ是非。回って見比べてその画廊や土地、飾り付け方を楽しんでいる方もいらっしゃいます。リトルクリスマス版画展特有の楽しみ方、ですね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
繭蔵と412 note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる