花掃き人

画像

画像


 玄関前に花が散ります。
 
 桜は花びらがひらひら散り始めた頃が個人的には好みですが、咲く寸前や咲いたばかり、満開から葉桜まで順を追って目を楽しませてくれます。変化していく時それぞれに良さがあります。早春が晩春、初夏へと移り変わっていくのを毎年義理堅く告げているよう。
 
 咲く花舞う花散る花積もる花、全て同じ桜の花。

 
 マグノリアもぽたぽたと花を毎日落とし、先週すべて落ちきりました。すっかり初夏の準備万端でしょうか。
 毎朝花びらをちりとりいっぱいに集めていました。以前掃く前に積もっている状態を楽しみたいということを書きましたが、「掃く」ことそのものは実は結構好きです。
 
 寺の小僧は毎朝庭などを掃きますね。あれも修行の一環らしいですが妙に納得する部分があります。
 掃いているとその間だけ余計なことが頭から離れ、不思議と空っぽになった感じがするのです。没頭というとちょっと大げさですが・・・まあ頭の構造が単純なのでしょう。
 ばらばらに散らばっているものをひとつに集めてその場からなくすと、その場が掃く前とは違ったものに生まれ変わったようにも感じます。場の誕生。再生の儀式。
 
 トイレを隅々までピカピカにすると、心が落ち着くという知り合いがいますが、それもこういうのに近い感覚なのかもしれないと思い出しました。

 「自分」がなくなり、「掃く」になるというのは気持ちがいいです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック