非常勤講師を辞めることについて

 
画像
中学校の美術の授業で自画像を描きました。
 当時気になっていたことをテーマにして顔を工夫して描いたところ先生が褒めてくれたのを覚えています。褒められたことよりも、静物画でも風景画でもない、目に見えないけれど感じている個人的なモヤモヤを絵で吐き出すことが出来たというすっきりした気持ち、自分が描くまでは影も形もなかったそれが、意味の伝達や説明ではなくカタチを変えて他人の中に「響く」ことの豊かさ。この絵というものの表現の成り立ちの奥深さに興味を持ったのです。そしてこれが自分にとって初めての「絵」と「作品」は違うという気づきでした。
 高校で恩師と友人に恵まれ毎日制作、作品について語り合う日々を過ごしました。自主自立を掲げる校風の中で制作を通し考えが深まりました。気づきに共有と方向性が加わり美大を目指しました。
 浪人しながらも絵で表現する技術を磨き進学、版画を専攻し大学院に進んだころに自分なりの技術が身についてきました。
 そのまま作家になればシンプルな人生ですがそうはならず、非常勤講師として母校に。今まで向かっていた黒板を背にし先生と呼ばれる日々。9年間が矢のように過ぎました。経験が異なる10代の人を相手に、作品を言葉や文字で語るという視点を持ちました。
 その間、自分のことを誰も知らない海外の公募展を中心にいくつかの賞をいただいたことは、学歴や有名無名に関係なく作品そのものの力で見知らぬ他人の心を打つことが出来るんだという自信になりました。
 徐々に自分にとって制作以外のこと、発表活動をしていくということの意識が強くなり、同時に発表に関わる様々な方々を知っていく中でそれが現実的になってきた結果、今年非常勤講師を辞めることにしました。
 講師はありがたいことに職場の人間関係が良く、自分の人生を豊かにするような経験も多かった。いただいたお給料以下の仕事しか自分は出来ていないのにやらせてもらっていたと今でも思っているくらいなので、辞めることには長い間葛藤がありました。
 一方作家は自分が作ったものがそのまま人生の道。新作がまだ見ぬ他人に毎回どう受け止められるか分からない仕事です。安定した生活があればこそ制作も続けてこられたではないか。そう納得しかけていた時、冒頭の中学生の頃の絵が箪笥の奥から出てきました。さらに高校時代の作品も久しぶりに眺めると当時考えていたことを次々思い出しました。それで、という安直な情熱で決められるほどの度胸はありませんが、ただ作品ははっきりとその時の時間を含んでいるのだということを実感しました。そしてあの頃の自分は今の自分の作品や活動をどう思うかな、という気持ちが自然と湧き、非常勤講師をやりつつ作家活動を続けた9年間で少しづつ増えながら活動を応援してくれたお客さんやギャラリーの方、メディアの方の顔が浮かんできました。
 「決める」ことが作家の一歩なのだということを今になってやっと知ったようにも思います。

この記事へのコメント

よっしー
2016年05月28日 01:30
齋藤くん久しぶり。
偶然思い立ってインターネットで検索したらここにたどり着いて、学校の先生辞められると知ってびっくりしました。
でも画業に専念されると聞いてすごく嬉しいです!
齋藤くんのブログを読むと大学時代の記憶がよみがえってきて、なんか良いんですよね。。。
私も細々とですが続けています。
いつかまたどこかで会えるといいね。
やっぱりあの机の中の蛾の大群はどうかと思うけど、応援してます。
齋藤
2016年05月29日 23:52
お~久しぶり!コメントどーも。
蛾の大群も蘇ってくる?笑

是非展覧会場とかで!
内田🍁
2016年05月30日 02:11
本当物凄く寂しいんですけど( ˙-˙ )
もう卒業してしまったけれど大好きな先生達がいないから母校になんの思入れもないくらい寂しいです。
陶芸の時間と、その居残りで作った作品が割と私にとって宝物です⋆*
先生にとっては沢山の生徒の中の1人かもしれないけれど、私にとって先生は唯一の先生です。今までありがとうございました!そしてお疲れ様でした(*´︶`*)
齋藤
2016年05月30日 10:12
内田へ
いや内田は忘れられない生徒でしょう!栗原先生もよく覚えているよ。
こういうものが作りたいと考えて、放課後に時間を作ってちゃんとやりに来るなんて素晴らしい行動力。
宝物と呼べるものに囲まれて生きていけると幸せだね。
まあそのうち落ち着いたら作品見に来てよ。元気でな。

この記事へのトラックバック