Impresso

 陶芸作家と一緒に展覧会をすることが決まってからお互いの技法を教え合って実際にやってみようという話になり、齋藤はありさんに陶芸の技法を教えてもらいました。
 陶土が半乾きになった頃を見計らって針で引っ掻いて線描します。直接溝を実際にその瞬間に作るというのはタブローにも版画にもない感覚です。そこに釉薬を詰めて凸部のみを洗い出すと溝に釉薬が残ります。まるでずっと慣れ親しんだ銅版画のような技法ですね。
 
画像

画像

 
 初の陶芸作品は「Impresso」というシリーズ名で今開催中の青梅の繭蔵、underwaterにて飾っています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック