金銀箔展ー広島

画像


 今年はしばらくは関東はありませんが展覧会は続きます。箔に着目した展覧会です。
 安土桃山時代の障壁画、中世イタリアの黄金背景テンペラ画、羊皮紙の写本など、自分好みの作品の中には金箔が散見出来るものもあることに最近気づきました。今まで金箔以外の部分を見ていたということに少し驚きました。展覧会会場としては、年末の来場者投票企画から約半年、広島で再び展覧会の機会に恵まれました。雁皮紙にペンと箔、箔を使用したガラス絵を新作中心に飾ります。
 昨年から少しづつ小品で試みていた金箔とペンの組み合わせを大きいサイズで作りました。反応やいかに。全日在廊予定です。

画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック