テーマ:MVW

MVWの来場者投票

 美術の世界で、専門家や先生ではなく来場者による投票は珍しいと思うかもしれません。  広島は福屋八丁堀にて、毎年年末に行われてきたMVWという展覧会は6年間それに挑んできました。  私は、個人的な判断で「自分のお気に入り」を選ぶということは意味があることだと考えています。満遍なく絵を眺めていた時よりも、その作品について一歩踏み込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MVWの舞台裏

 初日、初顔合わせの作家も一緒に福屋の屋上の稲荷へ。齋藤は龍神と相性がいいのではないかという指摘を受けたので、朝近くの金刀比羅神社に行きました。まぁ、海系ということで。遠からずでしょう。普段全然信心深くないですが、描き終わり、案内状も出して、飾り付けも終わると作家には案外することがないのです。  ビルの間にひっそり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MVW展'18

 今年も年末が近づいて来ました。リトルクリスマス版画展は全国でまだまだ盛り上がっていますが、そろそろ広島八丁堀へ行く時期です。毎年恒例の美術合戦MVW展です。  この展覧会は来場者の投票によって男女どちらかが勝利し、次の年の夏に再び同会場で展覧会が開催されるというもので、作家としては真剣勝負であり、お客さんとしては自分の一押しの作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅版画の制作工程(中)

https://mvwtenji.wixsite.com/mvw-hp/single-post/2018/10/12/%E9%8A%85%E7%89%88%E7%94%BB%E3%81%AE%E5%88%B6%E4%BD%9C%E5%B7%A5%E7%A8%8B%EF%BC%88%E4%B8%AD%EF%BC%89  銅版画の制作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅版画のTP(試し刷り)

 MVWのブログの方に、銀座三越の際に出品した銅版画、「横ぎる雉」の制作過程を解説付きで1枚ずつアップしています。今回はTP(試し刷り)3まで。描きすぎて真っ黒になってしまった版を削り、再スタートするまでの流れです。  予想通り簡単に、とはいかなかった分、愛着もある作品です。それは私の、銅版画との出会いから現在までの格闘とも通じるとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MVWのブログ開始

 まだ9月ですが、年末に広島福屋で開催しているMVWという紅白美術合戦に出品するにあたってのお報せです。  展覧会まで、参加作家が日替わりで短い紹介記事を書いています。皆さん色んな背景で作家やってて面白いですね。また今年もよろしく、の方と、初めましての方。齋藤は3回目になりました。  この企画は、絵の購入の有無に関わらず、来場者が1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島MVW

 初のカプセルホテルに8連泊。不安でしたが、ここの倍近くするビジネスホテルなどより断然清潔感あって快適でした。広島MVW展終了して埼玉に戻ってきました。  来場者の投票結果。個人戦では2位!(珍事!)でしたが、団体戦では紅組勝利だったので、夏の広島に再訪するのは女性作家達に決まりました。毎年の恒例になってきたようで広島の方々来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走

 伊勢丹浦和プチギャラリーにて開催しました個展「光の糸」終了しました。案内状を見て初日から駆けつけてくださった方や、会期中も多くの方々が来場してくださり、自分としては新しい素材への試みであるガラス絵を受け入れていただいていることを実感出来、自信がついた1週間でした。年末もテーマ、素材の扱い共々、益々のクオリティを追求していきたいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島旅

 広島MVW展は干支似顔絵色紙プレゼント企画も手伝って、多くの方が来場してくれました。以前発表した際に見ていてくれた広島の方が再び来場してくださったりといい一週間でした。そもそも川と路面電車のある土地が好みなので、朝、旅館を出て八丁堀の百貨店を目指して歩く時間も快活な歩みでした。  出品メンバーは初めてお会いする作家も多く、作品もさる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MVW’16

 12月15日(木)~12月21日(水)、福屋八丁堀本店7階美術画廊にて、MVWという展覧会をします。  「Men VS Women」です。年末の紅白歌合戦のような感じで作品を競い合う、という企画。100点以上作品を飾ります。実際に来場の方が投票するそうで、ハラハラ。  銅版画とガラス絵を出品します。ここしばらく絵の中に登場するのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more