バビルサと蝶

画像
 毎年その年お世話になった方々へ年賀状を作っていたのですが、年末年始展覧会と制作続きで隙がありませんでした。そこで遅らせて2月の個展のご案内と一緒に送らせていただくことにしました。
画像
 今回のテーマは鹿猪。バビルサという名前の方が一般的でしょうか。自分の牙が口を突き破り、終いには自分の頭部を突き刺すほど伸びてしまう不思議な猪です。(実際には頭部に刺さるのは稀だそうですが・・・)話だけ聞くと滑稽ですが、見た目は中々威厳があります。  角がある動物はどこか神聖な雰囲気を纏いますね。バビルサは牙ですが、どうせならもっともっと伸ばして鹿の角のようにしてやろうと思って描きました。蝶がどこかから飛んで来れば花札ですね。 これから寝不足に気をつけつつ毎晩少しづつ送ろうと思います。もうしばしお待ちを。今年もよろしくお願いします。

アヌビス年賀

 年末は毎年恒例の木口木版の年賀状を作っていました。戌年にちなんでエジプト神話のアヌビス神をテーマに。魂が迷わないように道案内をする神様です。
画像
 ビュランを研いで、木口面を磨いて、シャープに彫っていきます。馬連で薄い雁皮紙に擦り、台紙に張り込んで完成。文字にするとなんともシンプルな技法。しかしシンプルな技法ほど、ひとつずつの工程にそれぞれ気を遣う点が多くあるように感じます。自分にとっては年に1度の極小画面と言えども、10回目ともなると独自の工夫が積み重なってきました。手探りでもやり始めると、それまでの自分の中の「小さな常識」を広げることが出来ます。でも擦りはまだまだ。  木版画は版画の技法の中でも特に、「擦りの力加減」による出来に幅が出ます。馬連を通じて手に伝わる微妙な力の塩梅が肝。それは熟練を要するということでもあるし、裏を返せば擦りによって相当絵を工夫する余地があるということです。これは銅版画にはほぼない木版画の特性と言えるでしょう。  版画の特性に限った話ではなく、作家にとって新たな魅力ある素材との出会いと、その使用した際のギャップ、またそれを埋めていく為にあれこれ工夫を凝らし、時間をかけて自分なりに身体にそれを慣らしていくような時に、いつも「十牛図」における牛との綱引きの図を思い浮かべます。そう言えば初めて10年前に木口木版画を擦ったテーマも十牛図でした。  銅版画の他に、技法を広げ本格的に発表し始めたのが去年。今年は更に深化したものをご高覧いただけたらと思います。しばらくは制作中心でアトリエ籠りです。
画像

酉年年賀の作り方

 柘植の木口を磨き、墨を塗る。
画像
 絵を考えて、ビュランで彫る。今回は燕と子安貝がモチーフです。
画像
 制作中に出た雁皮紙の端切れを大体の大きさにカット、馬連やスプーンなどを準備。
画像
 刷って刷って刷って・・・乾かす。銅版画と違い、刷るスピード自体は早く、刷る力加減によってだいぶ変化がつけられます。
画像
 雁皮紙の余白をカットし、台紙に張り込み、押印。雁皮紙はさまざまな色です。
画像
 あとは宛名を書いて、郵便屋さんにバトンタッチ。  お世話になっている方々への年に1度のささやかなご挨拶。お楽しみに。