京都の個展の日々

 今回の虚京都の個展はオープン以外の時間が沢山あるので京都散策。
画像
 清水寺は改修中。足場が凄く良い。
画像
 以前行った投入堂を思い出しました。
画像
 飾り付けはこのような感じ。過去作の銅版画がとてもはまる場所で、こういう機会、巡り合わせはありがたいです。今までの様々な展覧会とは明らかに異なる雰囲気です。
画像

アスタルテ書房 個展

 京都では初めての個展を開催します。6/21(金)~7/3(水) 京都市中京区三条の古書店、アスタルテ書房。怪奇、幻想及び稀稿書と美術品に囲まれた静かな店内。1984年にオープンし、状態の良いフランス幻想文学の書籍を中心に扱いつつ現代のアーティストの版画作品の展覧会もしているそうです。 http://librairie-astarte.com  SNSで作品を知ってくださったきっかけで阪神の展覧会に足を運んでくださり個展の話になりました。 ここ10年くらいの間に制作した小~中サイズの銅版画から先方と相談しつつ選び、お任せの飾り付けなので過去の作品たちがどう飾られるか楽しみです。初日と土日は在廊予定です。
画像