テーマ:個展

京都の個展の日々

 今回の虚京都の個展はオープン以外の時間が沢山あるので京都散策。  清水寺は改修中。足場が凄く良い。  以前行った投入堂を思い出しました。  飾り付けはこのような感じ。過去作の銅版画がとてもはまる場所で、こういう機会、巡り合わせはありがたいです。今までの様々な展覧会とは明らかに異なる雰囲気です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスタルテ書房 個展

 京都では初めての個展を開催します。6/21(金)~7/3(水) 京都市中京区三条の古書店、アスタルテ書房。怪奇、幻想及び稀稿書と美術品に囲まれた静かな店内。1984年にオープンし、状態の良いフランス幻想文学の書籍を中心に扱いつつ現代のアーティストの版画作品の展覧会もしているそうです。 http://librairie-astart…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展「行き交ふ」を終えて

 気づいたら梅満開。  今日は次の展覧会の話し合いでいつもと違う道を歩きました。1週間自宅と伊勢丹浦和を往復していた生活もひと段落。自転車で往復してはいましたが、案外同じ道ばかりだと季節に疎くなるのか、個展に意識が向いていたせいなのか。  齋藤悠紀作品展「行き交ふ」終了しました。久しぶりに地元での個展だったので知り合いも多く来場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飾り付け

 張り詰めた空気が少し緩んだような気がします。梅も咲いています。  個展の飾り付けをしました。スタッフの方のてきぱきした動きにいつも助けられます。    展覧会前に東京新聞と朝日新聞に取り上げてもらいました。これを機に興味のある方々と出会いがあると嬉しいです。  個展は明日(20日)から。 https://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和伊勢丹個展'19「行き交ふ」

 地元浦和伊勢丹で4回目の個展を開催します。この会場では2年ぶりの個展です。  去年から引き続き、襖や障子、屏風などの間仕切りをテーマとした作品を発表します。  間仕切りは視界を遮るものでありながら、天候や時間の移ろいという捉えどころのないものをこちら側へ印象深く伝えます。間仕切りが誘う空想の去来をテーマに和紙にペン、金箔を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展「見るなの座敷」終えて

 銀座三越7階ギャラリーにて開催した個展、「見るなの座敷」の会期が終了しました。まだ残った雑務をしつつ、新たな制作も始めています。暑すぎて日中、いや日が沈んでからも、エアコンのない部屋での制作は無理があります。猛暑も猛暑。  個展はと言えば、とても手応えのあるものでした。自分以外の人が自分を作家にしていてくれるのだと感じる結果でもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座三越個展「見るなの座敷」

 個展始まりました。初日から多くの方々がご来場くださり、今年、丹精込めて作り続けた作品たちも、会期後は作者の手元を離れる予定が決まり始めています。  まずお客さんたちに感謝。会場のスタッフの方の接し方が明るい。隣の先輩作家にも興味深い話を聞かせてもらい、他のブースの方にも興味を持っていただけました。まだ3日間ですが、そういう明るく内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展「見るなの座敷」飾り付け

 個展の搬入、飾り付けをしてきました。この会場は初の展覧会です。初の関わりがワンマンショー、「個展」というのは、どういうリアクションがあるか全く読めないという点で、かなり緊張感があります。  しかし、さきほど実際に会場で仕事をしていて、スタッフの方々の応対も丁寧だったお陰で、その心配が半減しました。  まず実際にその場で飾ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作品周り

 個展の搬入に向けての地味な舞台裏ですが、絵を描く以外の仕事も絵を描く仕事に含まれます。例えば黄袋はユザワヤで布を量り売りで買ってきて、それを縫います。  そして、注文する額に付属するのがほとんど合わせ箱(箱自体がバカっと離れ離れになるタイプの箱)なので、作品の出し入れがし易いさし箱(横の狭い面だけがぱかっと開くタイプの額…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展「見るなの座敷」

 個展の案内状が出来ました。海外のお客さんも多い場所とのことで、英字入り。  顔写真は鹿のアバラ骨を持っていてご機嫌な顔です。  銀座三越  https://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html;jsessionid=d_BefXLeh5cr9bqaJBDE_aB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「光の糸」

 普段はじっとしているけれど、網に獲物が触れた途端に素早く捕獲する姿は、さながら優秀な番人のような蜘蛛。ネイティブアメリカンは、寝室に蜘蛛の網状の「ドリームキャッチャー」と呼ばれるものを吊り下げ、悪夢を引っ掛けてもらうそうです。悪夢と共に大事な報せが外からやってくるから、フィルターが必要という風習は興味深いですね。  11月29日(水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

したむ

 東急百貨店たまプラーザ店アートサロンの初の個展「野をしたむ」終了しました。  いつもと同じく応援してくださる方々や、懐かしい友人や大学の後輩、遠方から楽しみに駆けつけてくださった方もいてあっという間の会期でした。準備に比べて展覧会は本当に駆け抜けるように過ぎゆくといつも思います。  作品をお持ち帰りしていただくのは自分の手を離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展覧会は誰がつくる

 本日個展初日。お客さんが絶えず会場にいてくれたお陰であっという間でした。見慣れた方々や、初めてのお客さん、店員の方々にも支えられていいスタートが切れたと思います。  昨日は東京新聞横浜支局の記者さんが展覧会を記事にしてくれました。 ウェブ版はこちら http://www.tokyo-np.co.jp/article/kana…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野をしたむ

 横浜では初めての個展です。非常勤講師を辞してから1年。不安もありましたが、まったく縁がなかった場所で展覧会を企画していただけるようになりました。  今回の個展「野をしたむ」では銅版画を中心に、ガラス絵、コラージュを、新作を含め50点以上出品予定です。  東急田園都市線の駅名をきっかけにした連作も出品します。あざみ野、鷺沼、つくし野…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

その後の観測小屋

 年内の最後の個展、「観測小屋」が終了しました。  いらしてくれた皆様、ありがとうございます。  今回の長めの会期で会場に居て気づいたのは、お客さんが適当に分散して来てくれること。ちょっとばたばたとした日もありましたが、ほとんどがのんびりと作品や近況などいろんなお話が出来て、本人としては楽しく感じる展覧会でした。ありがたいことに結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2枚の銅版のゆくえ

 個展会場の様子です。公開制作の大作銅版は一度目の腐食と試し刷りが終わり、グランド(防食膜)を全面に流し引きして、更に描き進めている状態です。体験していただいた方はお分かりだと思いますが、この膜を剥がしたところが腐食されて溝になります。0.8ミリの大地に山や谷がある。そんな断面を思い浮かべながら薄い彫刻を制作します。  描画、腐食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銅版遊泳

 個展会場から。  「SpaceSpecimens」と銘打った銅版体験。普段実際に使っている道具を体験者の方にも使ってもらい、筆ともペンとも鉛筆とも違った感覚を楽しんでもらいたい。宇宙標本進んでいます。  Spaceは宇宙の他にも空間、場所、区域、余白、二物間の距離といった含みのある意味を持つ単語。    自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観測小屋を建てる

 朝から搬入。  作品を並べてみる。伊勢丹で出していた作品もちょっと印象が違う気がします。制作用銅版と体験用銅版の机を準備して、道具を並べコーヒーを淹れると少しだけ画廊が自分の制作スペースになってきた気がします。  打ち寄せる波満ち潮渚の音古い貝殻さらさら砂になったもの目がくらくらする満天の星ぐるぐる回る。  ちょっとずつ描く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展「観測小屋」

 明日から3週間代々木上原のギャラリー上原にて個展をします。http://www.galleryuehara.com    これだけ長い期間一人で展覧会をやらせてもらうのは初めてです。今回は作品を飾っておくだけではなく、ギャラリー内で銅版の制作をします。3週間でどうなるか分かりませんが、たまに進み具合をここにメモしていこうかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画廊とデパート

 並んだ状態を眺めていると、自分の作品ながら今までやってきた展覧会とはまったく見え方が違うもんだなあと自分でも思います。画廊でしか個展をしてこなかったせいか、一言で言えばデパートに飾ると作品の商品としての側面が強調されるような気がします。勿論画廊でも展示作品を販売するのですが、やはり同じ作品でも何故か違う顔に見えるようです。  理由の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会場取材

 個展初日の今日はテレビ埼玉の取材がありました。  アトリエの制作取材に続いて会場の取材。まとめて明日の21時半から放送だそうです。観られる場所の方はお時間あればよろしくお願いします。自宅では観られないので知人に録画をお願いしました。本人がチェックするのは随分後になってからになりそうです。  とても丁寧に1点ずつ撮っていただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋立つ搬入

 昼間はまだ暑くともそよりと吹く風は涼しく、過ごしやすい季節の個展です。  夕方頃浦和伊勢丹の7階へ作品を搬入しました。  何度か展覧会をやったギャラリーですが、自作だけで埋めるのは初めて。  会場のどこにどう飾ろうかを、自分の作品の中だけから自由に選べるのが個展の醍醐味です。同じ作品でも空間が違うと置き方も変わり、印象も変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の個展と訪問取材

 個展をやります。浦和の伊勢丹プチギャラリー。来月3〜9日です。 https://isetan.mistore.jp/store/urawa/index.html;jsessionid=Zs3cXj-KCFVXdz1pST9FlPVFf_8u9qWjKTZqKFeILKEYRLMLxOj0!1514355403  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展終了

 個展終了しました。  大事な時間と手間を割いて個展会場にお越しいただいた方にはまずお礼を言いたいです。ありがとうございました。会場で会えて嬉しかったです。  率直に感想を述べてくれた方、貴重な意見をありがとうございます。作品をお持ち帰りいただいた方、後悔させないような作家を目指します。毎回来ていただける方、元気が出ます。初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半ばの感想

 個展日程折り返しました。  写真は今回の大作。100号などのタブローを描くのに比べれば小さめですが、自宅のプレス機で刷れるのはこれくらい。これくらいのサイズが個人的には好みでもあります。両手で抱えて軽く持てる。  1人になると作品の前をうろうろ。  これだけたくさんの作品を額装して一度に並べることはアトリエでは出来ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十人十色の主張

 個展が始まりました。  写真は出品している2種類の連作。各12点です。  昨日が初日。初めてお会いする方から先輩後輩先生友人達が来てくれました。オープニングはまったりな賑やかさでした。  2次会へ移動し、時間が経つにつれて場の話は作品のことになります。好みに始まり作品内容と技術、作者と作品の関係性などに話が進むとかなりバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作品たちの舞台裏

 アトリエも寒さが緩み換気するのも楽になってきました。額装梱包積み込みで、作品だらけだった部屋もがらんとします。  今日は個展の搬入作業。  夕方から銀座の養清堂画廊へ。この画廊の展覧会をいくつも見てきましたが、自分の個展が決まってからは他の作家がどう空間を使って見せているのかがなんとなく気になるようになりました。  作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「観測」

 個展のお知らせです。「観測」というのはこの展覧会の名前です。画像は以前ここにも書いた、今回の一番大きな銅版作品です。  26~31日で銀座の養清堂画廊。40点くらい。火曜以外は会場にいる予定です。  搬入するまで先のことは考えられませんが、3月は個展とともに気付いたら終わっていそう。その頃にはすっかり暖かくなっているのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more