水彩画の感覚

画像
 個展が終わった気持ちの隙間に異なる素材、異なるモチーフの絵を描いてます。  水彩は、銅版画やペンをずっとやっているとそれらとかなり違う感覚なので、新鮮に取り組めます。毎日の手軽な万年筆のドローイングに比べると、やや断続的になってしまいますが元々水彩には長く親しんできました。最近は発表する素材の種類が増えたので水彩は制作しても未発表ですが、この水彩という素材に向き合っている時の感覚は自分にとって大事なんだなぁとやるたびに感じます。やっている本人にしか感じれないのでそもそも説明は出来ないのですが、今その瞬間に生成されたような新鮮さ、重なって重みを増す部分、染み渡って重低音のように響いたり、消えていく儚さを感じたりが同時に起こっているような・・・。言葉では言い表しがたいそれらが一気に心に飛び込んでくるようなダイナミックさがあります。  それぞれの画材で線引きせずにこの感覚を保ったまま横断したいという気持ちがむくむく湧きます。翻って銅版画やペンやガラス絵の描写にまだまだ工夫の余地がたっぷりあるということに気づかされました。
画像