バビルサと蝶

画像

 毎年その年お世話になった方々へ年賀状を作っていたのですが、年末年始展覧会と制作続きで隙がありませんでした。そこで遅らせて2月の個展のご案内と一緒に送らせていただくことにしました。

画像

 今回のテーマは鹿猪。バビルサという名前の方が一般的でしょうか。自分の牙が口を突き破り、終いには自分の頭部を突き刺すほど伸びてしまう不思議な猪です。(実際には頭部に刺さるのは稀だそうですが・・・)話だけ聞くと滑稽ですが、見た目は中々威厳があります。
 角がある動物はどこか神聖な雰囲気を纏いますね。バビルサは牙ですが、どうせならもっともっと伸ばして鹿の角のようにしてやろうと思って描きました。蝶がどこかから飛んで来れば花札ですね。

これから寝不足に気をつけつつ毎晩少しづつ送ろうと思います。もうしばしお待ちを。今年もよろしくお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック