ザ・美術骨董ショー2019終了

 「ザ・美術骨董ショー」終了しました。
 百貨店や画廊とは異なるお客さんが沢山いらっしゃって毎年楽しい。
 普段ペルシャ絨毯を扱っている専門家が和紙に刷られた小さな銅版画を持ち帰っていく縁の面白さ。
 先月初披露した他作家とのコラボドローイングも新たな額装で飾りつけ。足を止めるお客さんが多く好評でした。
画像


 自分も唐津と備前を持ち帰り。唐津はおなじみ藤ノ木土平さん。備前は伊勢崎紳さん。裏の印からおそらくは昨年銅版画と交換して入手した徳利の作者と同じだと思います。
 食べる中身より器が立派になってしまいそう。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック