テーマ:雑記

非常勤講師を辞めることについて

 中学校の美術の授業で自画像を描きました。  当時気になっていたことをテーマにして顔を工夫して描いたところ先生が褒めてくれたのを覚えています。褒められたことよりも、静物画でも風景画でもない、目に見えないけれど感じている個人的なモヤモヤを絵で吐き出すことが出来たというすっきりした気持ち、自分が描くまでは影も形もなかったそれが、意味の伝達…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巡る

 朝、同じ散歩道を週に2~3度歩くようになってから5年経ちました。ただ気分が良いので歩き始めただけだったのですが春夏秋冬歩くと感度の鈍い自分でも季節を感じるようになってきました。  ハナミズキ、栗や柿、ブナ、コナラ。麦畑菜の花畑茶畑に葡萄や瓢箪の蔦が絡む、蜘蛛、蓑虫。白菜や大根畑の周りは菊が咲く。銀杏と松の大木の下は毎年どっさり落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米花

 食欲を刺激させずにはおかない迫力。  米粉と自家製天然酵母の手作りパンを買いに名古屋までの旅。もっちりした食感が珍しくつい食べ過ぎました。  高校時代からの付き合いで互いの大学院を出てから3年間共同アトリエで一緒に制作をしていた友人が先月名古屋でパン屋&カフェのマスターになりました。彼をよく知る高校時代の友人達と連れ立って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つながりのかたち

 「人の心など分かるはずがない。」  心理学や精神分析を研究し、実際に多くの患者とも接してきたのだから人の心が手に取るように分かるのではないですか。と質問されたある心理療法家が答えた言葉です。彼の言葉は、長いあいだの研究と現場で心を病んだ人達と接してきた経験から導き出されたあっけにとられるほどあっさりとした素直な感覚と、その背後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の子供の日

 朝からからりと晴れ。  こいのぼりを見に田んぼを散歩。  遠くからだとちょっと干物っぽい。    5月になるとよく見に行く場所ではありますが、やっぱり毎年まあ見ておこうかという気持ちになります。  田んぼの途中の小さな川の上に並べられる地味なスポットなのでほとんど人はいませんがそこがいい。  ふらっと下を歩けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の散歩道

 通る必要はまったくないけれど雨の日に歩きたくて遠回りして行く道があります。    線路の下のそれは舗装されていないけれど踏みならされていて、傘なしで歩けます。右手にはアスファルトの歩道があって、さらにその外側が車道です。それら3本の道が並行にまっすぐ続いているところがあるのです。    ほとんどの人は右の道を行くので、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の嵐

 なにやら様子がおかしいと思っていたら強風とぱらぱら雨。のち嵐。レインウェアを着てアトリエへ。夜になって雨戸を閉めてもガンガンと誰かが叩くような激しい風の音。  帰宅してニュースで全国的にかなりの被害だったことを知りました。交通網の麻痺、死傷者。  一見綺麗に整理されているものや何事もないようにのどかなことのすぐ隣には混沌とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鐘が鳴る

 寒中腐食中にゴーンと寺の鐘が鳴りました。  しばしの黙祷。  黙祷しながら1年前の同じ日時を思い出しました。  以前いたアトリエは、道とほとんど高さの変わらないコンクリートの上にシートを敷いて水道とトイレを付けといた、というような簡素なものだったので強い揺れはほとんど感じずに絵を描き続けていましたが、手元がぶれて気持ち悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞たなびく眼鏡

 暖かくなってきたということは花粉もやってくるということ。  10年に渡る防戦一方の戦いで付き合い方も慣れてはきました。多い年少ない年。今年はどうでしょうか。  マスクをして歩くと眼鏡が息で曇ります。どこに行ってもぼやけた風景。  人に会う時は顔が見えなくて困りますが、ただ一人で歩いている分には霞のたなびく中をゆくようでそう悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春まだき

 自転車に乗りながら顔や首に突き刺さるようだった寒さが今日は滑らかに感じました。最近そういう日があったりなかったり。知らん顔してるような樹にもつぼみがちらほら見えます。  毎年似たような違った春が必ず来るけれど、それを毎年毎年待ち遠しく感じます。  春がやって来ることと秋を迎えることを全く違ったことのように捉えているというのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸の景色

 出来がいいのといまいちなのがありますが、最近は「当たり」の率が高い気がします。  夕焼けの話です。  気温や湿度とかが関係してるんでしょうか、連日寒乾。  次の電車まで時間があいてしまい、顔を上げて見ると反対側のプラットホームには夕焼けに富士山。木立のシルエット添え。    色が移り変わっていくさまは、待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more