テーマ:ペン画

金銀箔展ー広島

 今年はしばらくは関東はありませんが展覧会は続きます。箔に着目した展覧会です。  安土桃山時代の障壁画、中世イタリアの黄金背景テンペラ画、羊皮紙の写本など、自分好みの作品の中には金箔が散見出来るものもあることに最近気づきました。今まで金箔以外の部分を見ていたということに少し驚きました。展覧会会場としては、年末の来場者投票企画か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飾り付け完了。

 展覧会始まります。  話していると、制作や作品のことで他の2名の作家とも通じる部分があって面白い組み合わせです。  ミチヨさんは齋藤と同じく針を用いて黒に白を刻んでいく作品、スクラッチ。長谷川さんは黒に白を作りますが針ではなく銅版を滑らかにしていく、メゾチント。そして齋藤は白に黒を針や銅版で描いていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漆黒のアート

 4月17日(水)~23日(火)、伊勢丹府中では初めての展覧会をします。「黒」をテーマにした3人の作家の展覧会です。  ミチヨさんはスクラッチ、長谷川さんはメゾチント、自分はペンや銅版画を中心に飾ります。  油彩からデッサンやドローイング的なもの、銅版画などの方に惹かれていった自分にとってはモノトーンは今の作品の軸足でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和伊勢丹個展'19「行き交ふ」

 地元浦和伊勢丹で4回目の個展を開催します。この会場では2年ぶりの個展です。  去年から引き続き、襖や障子、屏風などの間仕切りをテーマとした作品を発表します。  間仕切りは視界を遮るものでありながら、天候や時間の移ろいという捉えどころのないものをこちら側へ印象深く伝えます。間仕切りが誘う空想の去来をテーマに和紙にペン、金箔を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 来月の個展で飾るペン画では最大の作品、完成しました。「栖(すみか」というタイトル。  スケッチした雉を中心とした、「鳥」に焦点を絞って描いた作品です。  山道で不思議な屋敷にたどり着いた、という男の昔話「見るなの座敷」から受けた印象に近づけたと思います。  テーマは、鳥がきっかけになっています。目の前の鳥でありつつ、日常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紬との再会

 その時に取り組めるテーマと、それに合う素材との出会いには時間差があることもあります。  テーマがあって素材を探し、制作に移る、というのはきっと誰もが想像し、納得する分かりやすい作家の制作活動の説明なのだと思うのですが、作る側の気持ち、少なくとも自分の場合は少し違います。ズレがあるというのもしばしば。  例えば、先日額装した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

べべ着せて

 最近はペン画を中心に制作。このペン画は雁皮紙という繊維が短く細い、襖紙としてもしばしば使用される和紙に、ミツロウなどをほどこしたものを下地にしています。  また、紬、という絹織物をコラージュして併用しています。それは手で撚りをかける為、複雑に絡まりあい独特な節の多い糸になるのが特徴の絹織物です。耐久性に優れ、古くから数代に渡って着継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福福堂15周年

 大学院を出て、コンクールなどに出品しつつ個展をやっていた時に、たまたま新聞で見かけて応募した浦和伊勢丹の展覧会。そこから8年来のお付き合い。ギャラリー上原(福福堂)の岡村さんは、そのお人柄から、作家やコレクターにこよなく愛されています。このたび15周年ということで、作家主催の祝賀会。基本的には引きこもって作品を作るのが得意な作家連中が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SNSのメモ

 再来月に銀座三越にて個展が決まったので、それに向けた制作を進めています。  相変わらずの制作の日々で、つい書き忘れてしまうこのブログですが、もう少しやっていこうと思います。作品を楽しんでくれる方に、こんな感じで作品が生まれていますという報告と、自分のやっていることをちょっと離れたところから整理してみるという理由(アトリエに一人だと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまプラの1週間

 東急百貨店たまプラーザ店3階大催物場での展覧会、終了しました。  毎日やっていたイベントが好評だったおかげで魔の時間帯(夕方)に暇しませんでした。何となく若い夫婦のお客さんが多かった印象でした。  光栄なことに、次回は4階のアートサロンで個展を企画していただけるという運びに。何度もフロアの販売促進の方が見に来てくれて、興味を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまプラ会場風景

 会場はこんな入り口です。アートサロンではないのでカジュアルな雰囲気です。  偶数日(初日)の色紙ライヴ制作プレゼントの様子です。齋藤の拙い絵でも、楽しんでいただける懐の深いお客さんに励まされて描いています。  こちらは奇数日(2日目)の色紙に描こう、の様子です。赤富士を描きたいという未来の巨匠の助手をやらせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more